金相場投資通信


金相場投資通信トップ >  金相場を扱う取引所

金相場を扱う取引所

世界の金相場を行う取引所は世界に4ヶ所あります。日本にも『東京工業品取引所』と呼ば
れる所があります。先にも述べたのですが、金の価値の基準になるのはインゴット、つまり
金塊の価値が基準となっています。ならば当然、18金や24金、あるいは指輪等の加工済
みの金に関してはやはり、その価値を下げられると言っていいでしょう。それでは前者であ
れば。24金や18金というのは、そもそもどのような意味なのでしょうか。24金は、そ
の金の全体。つまり100%を24で置き換えたものです。例えば18金であれば18/2
4、24金であれば全てが金。限りなく純金に近いものとなります。ですがインゴットと比
較すると、手数料や加工費の関連が加算されている関係で、基準の相場よりもどうしても減
らされて若干価値が下がってしまうのです。さらに後者の指輪やアクセサリーの類では、加
工費だけでなく本来の形状まで異なっていますので、買取価格はその分、さらに低く見積も
られてしまいます。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2009 金相場投資通信 All Rights Reserved.
Powered by "愛情テンプレート"  - トイプードル & ゴルフスイング & Thanks -